佐世保と艦これのコラボが今週末からあるということで、佐世保はじめての提督の皆様に向けて、佐世保鎮守府巡礼の僕なりの定番スポットなどをまとめてみたいと思います。少しでも参考になれば幸いです。


■セールタワー(海上自衛隊佐世保史料館)

海上自衛隊の史料館です。佐世保水交社跡地に作られた史料館で1階・2階の手前部分は当時の建物のままです。佐世保中央インターを出てすぐ、左側にある7階建てのビルがそれです。

佐世保まとめ (13)

入場は無料です。受付で札をもらって、エレベーターで最上階に行って上から順々に見ていきます。展示は興味ある人がじっくり見ていこうとするとけっこう時間かかると思います。ちなみに館内の写真撮影はNGです。

1階には売店があって、海上自衛隊のグッズとか買えます。佐世保では他に倉島庁舎の売店でもグッズ買えます。品揃えが違ったりするので、欲しいものがあればこの場でゲットしておいたほうがいいかも?


無料駐車場がありますが、ここに停めて他の場所に行くとたぶん怒られます。(徒歩で来ていて何度か呼び止められたことがありました)他に行くときは停めたままにせず、出庫しましょう。また面倒な場合は近く(佐世保中央インターそば)に有料駐車場もあるのでそちらに停めましょう。

開館時間は9時半から5時までです。また佐世保バーガーで人気のあるヒカリやLOGKITのお店もあるので、そちらにも立ち寄ったら良いかもです。


ちなみに、海上自衛隊の史料館は全国に3ヶ所。呉と鹿屋(鹿児島)と佐世保。佐世保の史料館がいちばん海軍の歴史全般に詳しい気がします。特に日清、日露戦争から太平洋戦争にかけての展示は豊富です。ちなみに呉は潜水艦と掃海の展示がメイン。鹿屋は海軍の歴史の展示もありますが、海軍、海自の航空機関連の史料がメインな感じですね。



■倉島岸壁海上自衛隊艦艇一般公開(土日祝)

護衛艦や海上自衛隊艦艇を見学できる艦艇一般公開です。佐世保では土日祝にやってます。呉のように予約は不要ですが、免許証などの身分証明証の提示が必要なので必ず持参しましょう。見学者全員分いるので忘れないように。また見学できるのは日本国籍または日本在住の方にのみに限定されてます。昔は外国の方もよかったそうですが。

受付で住所、氏名、年齢、電話番号、国籍等を記帳し身分証を提示しましょう。受付が問題なく済むと、見学許可証がもらえるので首からかけて基地内に入ります。

佐世保まとめ (54)
見学許可証。見学終わって出る時には受付の方に返しましょう。

佐世保まとめ (47)

佐世保まとめ (45)
見学の艦艇以外も岸壁から見れます。

佐世保まとめ (42)
佐世保まとめ (44)
佐世保まとめ (41)

佐世保まとめ (48)
掃海艇の見学のときは艦橋に入れることも。

また、諸事情により土日祝でも実施しない日や、直前になって中止される場合もあるので、行く前に必ず佐世保地方隊のページで確認しましょう。受付時間は午前が9時〜10時30分(退出11時)、午後が13時から15時(退出15時30分)となっております。

また基地内に車は停められないので、近くの駐車場に停めて歩いて行きましょう。入口近くにコインパーキング、駅前のさせぼ五番街に大きな平面駐車場の「新みなとパーキング」などがあります。少し歩きますが、みなとインター下、佐世保競輪横の観光用無料駐車場がおすすめです。


以前は公開される艦艇の名前もサイトで公表されてましたが、現在は行ってみるまでどの艦艇を見学できるかはわかりません。どうしても知りたい人は当日、倉島岸壁の対岸などから、どの艦艇に見学者が行ってるのか見るとわかりますけどね。
※最近また公開艦艇が公表されるようになりました


あと見学できる艦艇以外も、岸壁からなら見ることができます。写真撮影も基本的に大丈夫みたいですが、撮っていいかどうか、一度、案内の自衛官の方に確認しておきましょう。

佐世保の艦艇公開は他の基地のそれに比べて人が少ないので、運が良ければガイドの自衛官さんにマンツーマンで案内してもらえますよ。

あと倉島庁舎の1階にある売店も利用できます。海上自衛隊のグッズやお土産とかも売ってるので見学が終わって立ち寄ってみると良いと思います。


(関連記事)
あきづき型護衛艦「すずつき」艦艇一般公開@佐世保
佐世保軍港クルーズと掃海艇たかしま
そうりゅう型潜水艦@倉島岸壁(佐世保)
護衛艦「さわぎり」艦艇一般公開と佐世保散策
ミサイル艇おおたか@佐世保地方隊サマーフェスタ
【現代の艦娘達】護衛艦あけぼの@佐世保サマーフェスタ
【現代の艦娘達】護衛艦しまかぜ@佐世保
【現代の艦娘達】護衛艦じんつう@佐世保


■佐世保軍港クルーズ


昨年より始まった佐世保の軍港クルーズ(常設就航)です。以前はチャータークルーズしかありませんでした。土日祝に運行。11時30分に出港します。チケットを見ると午後にも便がある場合もあるようですが、だいたい1日1便のようです。定員が64名なので、あらかじめ電話で予約しておいたほうが良いです。(僕も何度も満席に泣いたクチなので…)

佐世保まとめ (2)


横須賀や呉の軍港クルーズとは違い便数も少なくクルーズ船も小さいです。なので競争率は高いかも。

予約やチケット購入は佐世保駅内にある観光案内所にて。乗船券は大人2000円。

船は駅前の新みなとターミナル前の桟橋からの出港です。30分くらい前に船が入ってきますので、良い席を確保したいならば、早めに行っておいたほうが良いです。

所要時間は1時間。「いせ」や「こんごう」などの大型艦や米軍艦艇の停泊している立神岸壁からSSK(佐世保重工業:元佐世保海軍工廠)、その後、補給基地などを見ながら佐世保湾を沖に南行し、高後崎と寄船鼻に挟まれた佐世保湾の湾口が見える場所で折返して、帰りは佐世保警備隊や教育隊を見ながら倉島岸壁までをクルーズします。

佐世保まとめ (4)
立神岸壁を西側からみれるのは貴重。

佐世保まとめ (8)
立神岸壁を沖から望む。

佐世保まとめ (9)
SSKのハンマーヘッド型クレーン(重文)。

もし沖合に艦艇が停泊してたら近づいてくれたりもしますよー。自衛隊の艦艇だけでなく米軍の強襲揚陸艦とかも近くで見られます。

佐世保まとめ (26)
沖に停泊している艦艇のすぐ近くまで行ってくれることも。

ちなみに、佐世保の海上自衛隊の基地の事情として、倉島岸壁は水深が浅く、イージス艦やヘリ搭載護衛艦などの喫水の深い艦は停泊できないらしいです。なので大型艦艇は米軍の立神岸壁を間借りしてるとのこと。

要するに大型艦艇は倉島岸壁には入って来られないのです。艦艇公開もせいぜいむらさめ型護衛艦あたりしか佐世保では見れないですね。もし大型艦の艦艇公開があるとしたら国際ターミナル側で行われるのかも…しれません。

そういう事情で、佐世保で「いせ」などの大型艦を近くで見るには軍港クルーズを利用するしかないです。 


(関連記事)
佐世保軍港クルーズと掃海艇たかしま
佐世保軍港クルーズ(2017年4月23日)
佐世保軍港クルーズ


■佐世保みなとインターちかくの岸壁

倉島岸壁
に停泊している護衛艦を見るのに最適なのが、倉島岸壁から港を挟んで対岸の岸壁。場所は佐世保みなとインターのそばです。車で行く場合は佐世保競輪横の高架下にある観光用無料駐車場が便利です。駅から歩くと20〜30分ってところでしょうか?

佐世保まとめ (49)
佐世保まとめ (1)


岸壁内は関係者以外立ち入り禁止なので歩道のほうから見ましょう。「あきづき」「あけぼの」などの汎用護衛艦、「じんつう」などの小型護衛艦、掃海艇、多目的支援艦などを見ることができます。ただし艦艇が停泊していない事もあります。なにかいるかは運次第。

陸側にある港にはタグボート、油船などの海上自衛隊の支援艦、海上保安庁の巡視艇などが停泊しています。

また、遠くには立神岸壁に停泊している「いせ」やイージス艦、補給艦など護衛艦、そして米軍の艦艇も望むことができます。

最近港の奥には小さい公園みたいなのが出来て、倉島岸壁に停泊している艦艇の後ろ姿をベンチに座って眺めることができるようになりました。

佐世保まとめ (19)
最近できた公園。佐世保のアレイからすこじま的な?

佐世保まとめ (3)
こんな感じで護衛艦や掃海艇の後ろ姿を見られます。


蛇足ですが、すぐ近くの佐世保競輪には萌キャラの看板があるので気になる方はそちらもどうぞ。

佐世保まとめ (24)
佐世保競輪「九十九島凪海」ちゃん。


(関連記事)

佐世保護衛艦ウォッチング(2017年10月8日)
佐世保護衛艦&船舶ウォッチング(2017年9月30日)
佐世保護衛艦ウォッチング(2017年2月18日)
佐世保護衛艦ウォッチング(2016年10月9日)
佐世保護衛艦ウォッチング(2016年9月4日)
佐世保で望遠レンズテスト
佐世保競輪の萌えキャラ「九十九島凪海」


 
■鯨瀬ターミナル展望室

駅前の新みなとにある鯨瀬ターミナルの4階にある展望室です。一番海側のターミナルビルです。奥の待合室にあるエレベーターから登ります。入場は無料。呉の中央桟橋ターミナルの展望室みたいな感じですかね。佐世保湾や米軍基地、立神岸壁を見渡せます。



■佐世保東山海軍墓地

旧日本海軍の墓地です。艦これでもおなじみの軍艦の慰霊碑とかたくさんあります。終戦までに亡くなった海軍将兵17万余柱の英霊の眠る墓地なので騒いだりしないようにしてください。慰霊の気持ちを忘れずに。艦船以外にも部隊や個人の慰霊碑もたくさんあります。

佐世保まとめ (34)
佐世保まとめ (36)
佐世保まとめ (35)
佐世保まとめ (27)

佐世保市により東公園として整備されていて休憩所やトイレなどもあります。春には桜も綺麗で花見の名所としても有名です。

駐車場もあるので車でもいくことが出来ます。駅からでも歩いていけなくもないですが、けっこう遠いです。40分くらい歩く感じかな。バスやタクシーで行ったほうが無難かも。


■弓張岳展望台


佐世保市街や佐世保湾、九十九島まで見渡せる絶好の展望スポット。佐世保市内からは見れない立神岸壁の奥の方に停泊してる艦艇も丸見えです。SSKも一望できます。晴れていれば針尾送信所の無線塔も遠くに見ることが出来ます。

佐世保まとめ (37)
弓張岳展望台。

佐世保まとめ (38)
佐世保まとめ (40)
弓張岳からの展望。

佐世保まとめ (39)
九十九島方向も見渡せます。

山の上なので徒歩で行くことは難しいです。駅前から弓張岳行きの市営バスが出てるのでそれを利用しましょう。またクルーズバス「海風」にも「弓張岳コース」があるので利用すると良いかもしれません。

車も途中道がけっこう狭いので注意して登ってくださいね。あと展望台に上っていく道の入り口が分かりにくいので気をつけて。いちおう「←弓張岳」と書いた看板があります。展望台には広い駐車場があります。


(参考記事)

弓張岳展望台から見る佐世保の夜景 : 渚屋Archive



■針尾送信所

少し佐世保市街から離れますが、佐世保市から南へ車で約20分ほど。大村湾と佐世保湾をつなぐ針尾の瀬戸、西海橋の近くにある巨大な3本の電波塔があります。これは真珠湾攻撃の時に「ニイタカヤマノボレ1208」を送信した電波塔だと一般には言われています。巨大な3本の煙突状の電波塔は迫力満点です。

佐世保まとめ (30)
西海橋に行く時に見えてくる巨大な3本の塔。

佐世保まとめ (28)
巨大な煙突状の構造物が3本立ってます。

佐世保まとめ (5)
3本の巨大無線塔はかつてはケーブルで繋がれてました。


数年前までは廃墟として放置されていて、危険なので取り壊す予定もあったのですが、近年、価値が見直されて、文化財として保存、一帯を公園化する方向で動いてるようです。


また最近では専門のボランティアガイドさんが常駐するようになって、案内もしてくれるようになりました。無線塔の中にも入れますよ。ガイドさんがいるのは9時〜12時までと13時〜16時まで。個人での見学は予約なしで大丈夫です。

佐世保まとめ (6)
電波塔の内部に入ることも出来ます。


また送信施設などの建物もそのまま残っていて、けっこう最近まで現役として使われていたようです。

佐世保まとめ (7)
送信所跡。


一昨年の秋に放送されたアニメブレイブウイッチーズの第1話にも登場した場所なので聖地巡礼にもなりますよ。


(参考記事)
ブレイブウィッチーズ佐世保聖地巡礼・前編


バスで行く場合は佐世保駅前から西肥バス「西海橋コラソンホテル行き」または「西海橋西口行き」に乗車し「高畑」で下車。そこから徒歩30分ほどです。


また近くの西海橋公園もおすすめです。桜やツツジの名所としても有名。西海橋は2本あって、新しくできた新西海橋は車道の下に遊歩道がついていて、渡ることができます。針尾の瀬戸の渦潮を真上からみられますよ。また針尾送信所の電波塔も望むことができます。

佐世保まとめ (25)
新西海橋。

佐世保まとめ (29)

針尾の瀬戸を行く船も見ることができます。潮の流れに逆らったり、潮の流れに押されて高速で走って行く姿を見るのも面白いです。


■浦頭引揚平和記念公園・資料館

引揚記念館といえば舞鶴が有名だと思いますが、佐世保にもあります。針尾送信所の近くにある浦頭引揚平和公園の浦頭引揚平和資料館です。外地からの多くの引揚者、実に140万人がここから母国に上陸したそうです。今のハウステンボスあたりに検疫所があり、そこから列車でそれぞれの故郷へ帰っていったそうです。

周囲は公園として整備されています。入場は無料です。

佐世保まとめ (31)
佐世保まとめ (32)
佐世保まとめ (33)



[佐世保グルメ]

佐世保のご当地グルメといえば佐世保バーガーですが、他にも美味しいものがたくさん。最近ではレモンステーキが名物になってるようです。あと長崎のご当地グルメトルコライス、佐世保でも食べられる店が多いようです。

一番のお勧めのお店は三ヶ町商店街にあるレストラン「蜂の家」。駅からだと四ヶ町商店街からアーケードに入って、奥の方、三ヶ町商店街のなかほどにあります。

佐世保まとめ (12)
アーケード街にある「蜂の家」


レモンステーキとカレー、海軍さんのビーフシチューあたりがオススメです。

佐世保まとめ (20)
海軍さんのビーフシチュー。

佐世保まとめ
蜂の家のレモンステーキ。

またデザートでオススメはジャンボシュークリーム。中にフルーツの入った大きなシュークリームです。付属の「スカッチソース」(練乳やはちみつで作られてる黒蜜みたいなソース)をかけるとまた違った味わいに。

佐世保まとめ (21)
ジャンボシュークリーム。

重さ2kgの超巨大な軍艦シューもありますが予約が必要です。


「蜂の家」のお隣の「白ばら」も良いです。「蜂の家」が混んでる時はこちらで「トルコライス」を食べるのは定番になりました。

佐世保まとめ (51)
「白ばら」のトルコライス。

佐世保まとめ(54)
「白ばら」のレモンステーキ。

ただ「蜂の家」は人気店なので食事時になると混んでることが多いです。駅からも遠いし、車でも行きにくい。もうちょっと気軽に食べたいという方に朗報。道の駅「させぼっくす99」のフードコートに「蜂の家」あります。こちらで食べるのもあり。また物産コーナーにもジャンボシュークリームやカレー売ってます。

佐世保まとめ (22)
させぼっくす99のフードコート。

佐世保まとめ (23)
蜂の家のレモンステーキ。

佐世保まとめ (11)
させぼっくす99の物産コーナーでは「蜂の家」のカレーやシュークリームなども販売しています。ここにはミリタリーグッズも置いてますよ。


「させぼっくす99」のフードコートにはミリタリー食堂もあります。「こんごうカレー」などの海上自衛隊カレーや飯ごうを利用したカレー「相浦陸自飯ごうカレー」もお試しあれ。海自カレーはテッパンで来ますよ!「戦艦武蔵入港ぜんざい」も気になるところ。

佐世保まとめ (17)
佐世保まとめ (18)


個人的にレモンステーキで好きなのが駅近くにあるリベラのレモンステーキ。ちょっとお値段お高いですが、鉄板いっぱいに広がった大きくて薄い肉にレモンが程よく染みてとても美味しいです。レモンステーキのピラフもお勧め。

佐世保まとめ (15)
佐世保まとめ (14)


佐世保バーガーで有名な「ヒカリ」ですが、セイルタワー前にある本店は混んでることが多いです。僕が初めて佐世保に行った時に立ち寄ったところ「120分待ち」とか言われて泣く泣く諦めたことがあります。その「ヒカリ」ですが新みなとの「させぼ五番街」にも店舗があります。そちらは本店ほど小雑してないです。ちなみに「ヒカリ」の隣りにあるLOG KITも佐世保駅内に店舗があります。LOG KITのスペシャルバーガーはアメリカンサイズなので一度お試しあれ。


[駐車場とか]
車でアクセスする場合、佐世保市内の国道35号は混んでる場合が多いので、下道よりも高速(西九州道)を利用したほうが無難です。素直に佐世保みなとインターで降りて、インターそばの観光用無料駐車場に駐車するのが正解かも。


佐世保競輪横の無料駐車場。高架下だけでなく、競輪場側にも停められます。閉門時間には気をつけよう。倉島岸壁まで徒歩10分、駅まで15分くらいですかねー。

佐世保まとめ (55)
佐世保まとめ (56)
ただし、観光用無料駐車場は閉門時間が午後5時と早いため、遅くなりそうな時は有料(1時間100円※昼間30分100円でした。最大料金600円)新みなと駐車場に停めたほうが良いです。僕も一度遅れそうになって、危うく車が出せなくなるところでした。

(※追記)駅の周辺の駐車場はだいたい30分100円ですね。少し離れれば60分100円もあります。


以上、佐世保定番スポットのまとめでした。佐世保には艦これと直接関わりのあるものがほとんどないので、今回のコラボで何らかの巡礼スポットができることを期待します。

最後に、佐世保関係の記事はこちらからどうぞ。

カスタムマップをつくってみました。参考にどうぞ→提督のための佐世保巡礼マップ


(関連商品)