先週末の南九州旅行でくま川鉄道に乗車してきました。くま川鉄道は初めての乗車です。


くま川鉄道は人吉温泉駅と湯前駅間24.8キロを結ぶ第三セクター鉄道です。前身は旧国鉄の湯前線です。

湯前線、かつては宮崎にかつてあった妻線(佐土原〜杉安)と結び宮崎駅までつながる予定でしたが1984年に妻線が廃線となり着工されないまま計画は無くなりました。

阿蘇と延岡を結ぼうと計画された南阿蘇鉄道高森線と似たような感じですね。あちらはトンネル工事の出水事故が大きな原因でしたが。

くま川鉄道2008
2008年に人吉駅で撮ったくま川鉄道の写真。「いさぶろう・しんぺい」号に乗るために初めて人吉を訪れた時にこの鉄道の存在を知りました。いつかは乗ってみたいと思ってましたが、10年の時を経てようやく乗ることができました。

かつては写真のようによくある三セクデザイン(KT-100形気動車・KT-200形気動車)でしたが、2014年より新型のKT-500形気動車に置き換えられました。

KT-500系は全車水戸岡デザインが採用されていて観光列車「田園シンフォニー」として運行されています。そして普通列車としての運行もあるため、指定券の必要な「田園シンフォニー」に乗車しなくても車両に乗りたいだけなら普通列車でいけます。

くま川鉄道 (1)
人吉温泉駅に入ってくる田園シンフォニー(秋)。

くま川鉄道 (6)
くま川鉄道 (7)
くま川鉄道 (8)


くま川鉄道 (3)
こちらは(夏)。

くま川鉄道 (4)
くま川鉄道 (5)


一日乗車券
一日乗車券を買って乗車します。湯前まで乗ると運賃690円なので往復乗車するだけで元は取りますね。

くま川鉄道 (2)
前方車窓に専用席ありました。

くま川鉄道 (9)
車内の様子。まさに水戸岡デザイン。

くま川鉄道 (12)
くま川鉄道 (10)
くま川鉄道 (11)
路線図。14の駅があります。湯前までの所要時間は約45分。

くま川鉄道 (13)
12時40分、人吉温泉駅を発車。

くま川鉄道 (14)
九州道の下をくぐります。

くま川鉄道 (15)
くま川鉄道の車窓。のどかな風景のなかを走ります。

くま川鉄道 (16)
球磨川を渡る。

くま川鉄道 (17)
人吉市の隣の錦町。個人的なことになりますが、かつて僕はこのまちのホームセンターにトラックで配送に来ていました。

くま川鉄道 (18)
くま川鉄道 (19)
くま川鉄道 (20)
人吉盆地の田園風景が続きます。

くま川鉄道 (21)
おかどめ幸福駅。近くには幸福神社(岡留熊野座神社)がありました。構内にはおみくじの設置があるらしいです。

くま川鉄道 (22)
くま川鉄道 (23)
くま川鉄道 (24)
あさぎり駅で列車交換。相手は(白秋)と(冬)の編成でした。くま川鉄道では唯一交換設備のある駅でタブレットの受け渡しがあります。

くま川鉄道 (25)
乗客は学生が多いです。日曜日だけどけっこう乗ってました。みんな部活かな?

くま川鉄道 (26)
ほとんどの区間はこの田園風景です。「田園シンフォニー」の名前は伊達じゃなかね。

くま川鉄道 (27)
新鶴羽駅。竹の駅舎はめずらしくないですか?

くま川鉄道 (31)
くま川鉄道 (28)
もうすぐ終点湯前です。

くま川鉄道 (40)
くま川鉄道 (32)
13時24分。定刻通り湯前駅に到着しました。次の発車は13時36分です。

くま川鉄道 (29)
くま川鉄道 (30)
くま川鉄道 (39)
湯前駅にて田園シンフォニー(夏)。

くま川鉄道 (36)
くま川鉄道 (37)
くま川鉄道 (41)
田園シンフォニー(秋)。


くま川鉄道 (33)
くま川鉄道 (34)
くま川鉄道 (35)
お客さんのいないうちに車内撮影。

くま川鉄道 (42)
行きとは反対側の座席に座って湯前駅を出発です。

くま川鉄道 (43)
くま川鉄道 (44)
北側の車窓は電線の邪魔がなくて良いですね。南側はけっこう電線が邪魔してました。

くま川鉄道 (45)
田園の車窓風景は心癒されます。稲穂が育った夏や秋に来てみたいですね。

くま川鉄道 (46)
東免田駅。ちなみに免田駅はどこにあるかというと、あさぎり駅の旧名が免田駅なのらしい。

くま川鉄道 (47)
あさぎり駅の側線にはかつて走っていた水戸岡デザインによる改修を受けたKT-103「KUMA」がいました。

くま川鉄道 (48)
くま川鉄道 (49)
川村駅。「さげもん」がありますねー。待合室は有形文化財のパネルが。見た感じ普通の待合室のような感じなのですけど何かあるんですかねー。

くま川鉄道 (50)
待合室横には祠と絵馬掛けがありました。

くま川鉄道 (51)
くま川鉄道 (52)
もうすぐ終点「人吉温泉」駅。くま川鉄道の旅も終わりです。到着前に車掌さんによる車内改札がありました。人吉温泉駅ではそのまま降りて良いようです。

くま川鉄道 (54)
人吉温泉駅到着14時19分。往復約2時間ちょっとの旅でした。

くま川鉄道 (53)
人吉温泉駅に到着した列車。

くま川鉄道 (55)
車両基地には田園シンフォニー(春)(冬)(白秋)がいました。

くま川鉄道 (56)
こちらこそ、ありがとうございました。

くま川鉄道の旅、なかなか楽しい旅でした。のどかな田園風景を見ながらの列車の旅は心癒されます。なんか、雰囲気的には去年の夏に乗ったのと鉄道の「のと里山里海」に似てるかな?

いつかちゃんと観光列車の「田園シンフォニー」にも乗ってみたいし、時間がなくて下車できなかった途中の駅にも立ち寄ってみたいですねー。

今回、くま川鉄道を制覇したことで、九州で乗ってない鉄道は、島原鉄道と鹿児島市電を残すのみとなりました。この2つもそのうち行きたいですね。


おまけ。

球磨解説 (1)
くま川鉄道人吉温泉駅の跨線橋にこんなものが!ツイッターで「くまくま」言ってたら、まさか、ここで艦これに出会えるとは!人吉には海軍航空隊もあって、意外と海軍に縁のある土地みたいですねー。いつかいろいろと関連史跡を巡ってみたいものです。

球磨解説 (2)
見たことある絵だと思ったら、「かが」の艦艇公開でみかけた銀時さん(@ginntokii)の絵でございました。

球磨解説 (3)
「クマリン」のキャラは球磨りんさん(@saku2016)によるものです。

軽巡洋艦「球磨」の艦内神社である市房山神宮(いちふさやまじんぐう)は湯前にある神社らしい。本宮、中宮、里宮で三神宮ってことですね。こちらもいつか訪ねてみたいです。


(関連記事)